交通事故を大きく変えるには後遺障害等級を獲得する事
    
           交通事故賠償を大きく変えるのは特定行政書士
 

  

             交通事故に遭われた皆さまへ                           
 まずは、後遺障害認定専門・特定行政書士の私にご相談下さい
   高額賠償金は、事故現場・医療現場で発見される。その法則は・・・  
 
  後遺障害認定に必要な手続は私、その後の賠償請求手続きは弁護士へ。これがベストな方法です。
 二度手間は有りません。私が、交通事故専門の有能な弁護士へ引き継ぎます
  いきなり弁護士に相談・依頼不利になることが多いです
 理由=確かに、弁護士は高い能力、大きな権限を持っています。
 しかし、交通事故をよく知る弁護士は少ないのが現状です。特に、現場に行かない、医師に会わない、事実調査がお座なり、相談も短時間。事故の様子や障害の程度を理解しないで簡単に示談する等、最も重要な事実証明を手薄にする弁護士が少なくありません(結果:裁判で負け、正当で高い賠償金が得られません)。
 これでは、後遺障害等級が得られないまま、あるいは低い等級のまま(事実証明が不十分な状態)で保険会社と交渉したり裁判をすることになり正当で最高の賠償金を得ることはできません。
  特に、メールや電話で全国対応するという弁護士は要注意です
  弁護士に頼んだから大丈夫は、大きな失敗に繋がる可能性が大です。
  
 保険会社任せ-最も避けたいことです。
 理由=あなたの利益より会社の利益を最優先に考えるからです。
 たしかに、自賠責保険請求の一括請求であなたは何もしなくて良いメリットがありますが、反面あなたの利益のために全面的に仕事をしてくれることは全く有りません。(だだし、ごく軽度の物損や人損は別)
 初期の親切な対応にほだされては保険会社担当者を信頼する方は多いのですが、残念な結果に終わっています。・・・ご注意下さい。
 
  自賠責保険被害者請求による後遺障害認定手続き(初回請求・異議申立)
  その他の自賠責保険の被害者請求手続き
  政府保障事業への申請手続き
  上記に対する相談
   等々を業として報酬を得て行うことができるのは行政書士と弁護士だけです。
 
         適正・高額賠償金獲得システムのご案内  
          基礎ステージ(事実調査関係)は私に、そして交渉は提携弁護士に 
 
              あなた自身が金銭的にも有利になる解決。                                                   これが、あなたにとって 最高の賠償金獲得スタイルです。
                                                  (次のページ「最高の賠償金を得るために」もご覧下さい。)
 《 高額で正当な賠償金獲得のためには、基礎ステージアップ、ここが一番大切です。》       
                               
           特定行政書士)が担当します。
 1)解決までのアドバイス(治療方針、医証の獲得、異議申立等)
 高額賠償金は、事故現場、医療現場で発見される。 
 
 交通事故の被害者の方が、どこのどんな医者にかかり、どんな治療を受けるか、ということは、健康な元の体を取り戻す、最も重要な事です。
それだけでなく、正しい後遺障害の認定を受け、適切な損害賠償請求をする上でも熟知しておかなければなりません。
事故後、出来るだけ早く、ご相談ください。
 解決事例ご紹介ご参照下さい。
 特定行政書士の私と一緒に解決することで正当かつ最高の賠償金獲得ができます。
また、後遺障害の認定に不服がある方、の異議申し立ての相談もお受けします。
                                    示談の前にご連絡下さい。
 
 2)交通事故の実態調査(現場調査、証人確保や聞き取り等)
  高額賠償金は、事故現場、医療現場で発見される。   
 ( 私は、交通事故分析センター会員です。)
 
警察官による実況見分調書は、被害者に不利になることが少なく有りません。
 というのは、
交通事故の被害者の方は、怪我の治療のため救急車で病院に搬送されたり、受傷により気持ちが動転していて、事故の状況を正確に把握(認識)されていない状態で、加害者のみの立ち合いで実況見分調書が作成されることが少なくないからです。
 しかし、信号はどうだったか、一時停止はしたか、スピードはどれくらいだったか、車の混雑状況や道路の見通しはどうであったか、天気はどうであったか等々。

 事故の全体像を正しく知ることは、怪我の程度のみならず、加害者の責任の内容程度や損害賠償額等を考える上で最も重要な要素となります。

 時には、目撃証人の証言の聞き取りや、証言の依頼をしたり、場合によっては実況見分調書の修正を求める必要も出てきます。
そんな場合、当職が、事故現場調査や警察署に出向きます。

 3)過失割合の調査、検討

    過失割合が、どの程度有るのか、
救急車で運ばれ、現場検証に立ち会えなかった被害者や、亡くなられた被害者にとり、適切な損害回復の上でとても重要なことです。

 最終的には、過失割合は、検察官が決めます(裁判の場合は、裁判官)が、事故の正しい全体像を把握していないと加害者の言いなり(この場合、被害者加入の保険屋さんも頑張りますが)になると、被害者は、怪我のみならずさらなる損害を受ける事にもなります。

   また、健康保険を使うべきか、も難しい判断の一つです。
 被害者側に過失があると言われている方は是非、早急にご相談ください。
  
⇑⇑ 以上の基礎ステージは、特定行政書士の私が担当させて頂きます
  そして、賠償請求や裁判は弁護士が対応します。
 
  弁護士費用特約のある方に取っては特に、
  最高の賠償金を得るために、行政書士と弁護士の協働が最良策なのです。
 ⇗ クリックしてご確認ください
 
 用語の説明:基礎ステージアップとは
= 事故の重大性、過失の有無・程度、身体障害の重大性、治療状況、残存症状等や事故現場調査、医師との面談等による医療調査等々を通じて、被害者の損害の大きさをしっかり調査確認して、加害者への損害賠償請求の基礎である事実証明を尽くすことを言います。
 この基本ステージがしっかり出来ているほど、後の法的請求(賠償金額)が正当で大きな金額となるのです
 
悩みを軽く・安心をそばに。交通事故専門職の私と共に
最高の解決
を目指しましょう。
                              
         事故の真実を知る。特定行政書士の私の仕事です。
 
交通事故発生状況報告書の作成   
過失割合の調査   
損害賠償請求書の計算、作成サポート
示談後の承諾証書等の作成サポート

 

何度でも気軽に相談し、納得のいく解決を支援します                
 
  特定行政書士は、交通事故に関する業務を相談できる、弁護士より安くて身近な法律の専門家です。 
 人身事故慰謝料の相場、後遺障害の認定の仕組みを熟知してこそ、あなたは、損害保会社と安心自信を
 持って示談交渉をすることができるのです。
 特定行政書士は、医療調査、事故現場調査、損害賠償計算のサポート、後遺障害認定の不満⇒異議申立書
 作成提出代理などの交通事事故に関する書類の作成や相談等被害者を全面的にサポート致します。
   後遺障害等級をしっかりとって、その後の示談、(訴訟や調停)を弁護士に委ねることで納得できる解決
  を実現できます。

       気軽に安心してご相談下さい

非該当と認定された方で後遺障害に今なお苦しんで   
  おられる方
認定等級に不満や異議をお持ちの方
あなたの非該当認定や等級を変えさせられるかもしれません。一度資料等お持ちになり一緒に検討してみませんか。
 
非該当と認定された方、等級に不満をおもちの方の中には、一部資料不足など後遺障害の証明が不十分の方がいます。
 
心当たりの有る方、資料をお持ち下さい。私が、資料分析し、上位等級認定あるいは非該当認定変更のお手伝いをさせていただきます。